2006年フェデラーVS2016年ジョコビッチ

2019年3月5日

スポンサーリンク

どうも!「もっさん」です!

よくテニス好きの人たちの間で議論になる話ですが、

 

全盛期のフェデラーと全盛期のジョコビッチのどちらが強いのか??

 

まさに最強の矛対最強の盾みたいな感じですよね!

 

今回はそんな歴史上最高のプレーヤーである二人を僕の妄想上で戦わせてみて、どうなるかを書いてみるという僕だけが楽しい仕様になっておりますので、興味のあるマニアックな方にのみ読んでもらえたらと思います!笑!

 

2006年ロジャー・フェデラー

以下は2006年のフェデラーVSロディックの一戦です。

とりあえず、プレイがどうこうの前にまず思うこと・・・

 

 

フェデラーめっちゃ若い!!!!www

 

お肌がツヤツヤしています。笑。

 

そして、肝心のプレーについてですが、思うことはまずショットが鋭い!!そして、何より動きが早い!!

 

やはりフットワークの良さは正直、今とは比べ物にならないですね・・・。
年齢と共に一番落ちるのは、やはり動きのキレなのかもしれません。

 

個人的に1:57のパッシングショットは上手すぎて変態かと思いました・・・。笑。

 

2016年ノバク・ジョコビッチ

以下は2016年全豪オープン決勝のジョコビッチVSマレーの一戦です。

とりあえず思うこと・・・

 

 

1ラリー長すぎ!!www

 

見てるだけで吐きそうになります・・・。

 

この2人ってほんとどんなスタミナしてたんだろう・・・。
話は逸れますが、過去記事のマレー引退!!「全豪オープンが最後になるかも・・・」でも書いたとおり、マレーがこのレベルに戻れることを僕は待ち望んでおります・・・。マレー頑張れ!!

 

あと、2人ともほんとにミスが少ないです。しかも、守ってるようで実は攻めてるみたいな凄いショットがたくさんあります・・・。

 

これだけお互いハイクオリティーなのに、スコアはジョコビッチが圧倒してるのも凄いですよね・・・。

 

対戦結果について

両方半端じゃないことは分かったけど、それで結局どっちが強いの?って結論についてですが・・・

 

まずは1stセット

最初のゲームのサービスはジョコビッチが取ります。このゲームはフェデラーのリターンミスやアンフォースドエラーが重なり、ジョコビッチがストレートでキープに成功。続くフェデラーのサービスゲームはジョコビッチのブレイクポイントがあったものの、これを辛くも凌ぎ、フェデラーもキープに成功。

 

その後はお互いにキープを繰り返し、タイブレークに突入します。お互いのラリーは壮絶なものとなりますが、ジョコビッチが2ポイント、ミニブレイクを入れ、1stセットを奪取します。

 

続く2ndセット

1stセットを取られたことで、観客の応援は9割方がフェデラーになっています。フェデラーもその応援に応え、鋭いサーブとフォアハンドを軸にジョコビッチを攻め立てます。4-4で迎えた第9ゲームをフェデラーがブレイクし、そのまま押し切って、2ndセットは6-4でフェデラーが取りました。

 

3rdセット

2ndセットでギアを上げ過ぎたフェデラーに若干の疲れが見えます。そこを体力オバケのジョコビッチは見逃しません。異常なフットワークでパッシングショットを次々と決め、3rdセットは6-3でジョコビッチ。

 

4thセット

セットカウント1-2と後のないフェデラーですが、ここで敢えてペースを落とし、ジョコビッチのロングラリーにある程度付き合う戦術を取ります。3rdセットでパッシングショットからリズムを作っていったジョコビッチはこの戦術を嫌がり、これが功を奏して、タイブレイクの末、フェデラーがセットを取り返します。

 

Finalセット

もはや、観客のボルテージは最高潮。4時間を越えるロングマッチにも関わらず、誰一人として、会場を後にする人はいません。しかし、どんな名勝負にも必ず決着の時が訪れるものです。

 

その時は突然やってきました。

 

3-3で迎えたフェデラーのサービスゲーム、30-0でポイントを有利に進めていましたが、ここからジョコビッチが驚異的な粘り強さを見せ、5度のデュースの末、ジョコビッチがブレイクに成功。

 

このまま、ジョコビッチが1ブレイクを守りきり、6-4でFinalセットをものにしました。

 

史上最強の頂上決戦は

7-6、4-6、6-3、6-7、6-4

セットカウント3-2

 

 

ジョコビッチの勝利となりました!!!

 

 

 

えー・・・・

 

 

全ては僕の妄想の話です!(異論は認めます。笑)

 

もちろん、実際は2006年のフェデラーと2016年のジョコビッチが戦うなんてことはありえないのですが、そんな試合を是非見てみたかったですよね・・・。

 

でも、幸い2人ともまだ引退していないので、2人ともが全盛期のレベルで戦う可能性だって0じゃないと思います。

 

あの笑っちゃうくらい凄いレベルの試合がまた見られることを期待しながら、今後のテニス観戦を楽しみたいですね。

 

そして、僕の妄想に最後までお付き合いいただいた方々、本当にありがとうございました。笑。

 

今回はここまでになります!
それでは!

(それぞれ↓応援のクリックをいただけると嬉しいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村テニスランキング

 

試合

Posted by もっさん